街を歩いていると、どこかからおいしい香りが漂う繁華街!!
ランチからおやつまで、独断でおいしいと思う食材を気の向くままに勝手に載せています。食は個人の好みの問題ですから、それぞれに感じ方は違うでしょう。

ここでは、自分が好きな食材ばかり歩きながら出会ったお店を「独断と偏見」で勝手にご紹介しています。ご興味がある方は、ぜひ足をお運びください。(あまり紹介するのも?)
もちろん「B級」ですけど!
あえて、電話番号等は明記しませんので、ご興味ある方は探してみてください。

東京景色 江戸川橋浪花家たい焼き
いまや(御徒町) ・ 萬福(銀座) ・ 麺僧(下北沢) ・ 新雪園(下北沢)
デザート(和菓子)
ほとんど「たい焼き」
箱根そば ・ 富士そば ・ 小諸そば ・ 文殊

ラーメン歩き
 
ラーメンに関しての一言~本来の東京のラーメンは、とんこつではありません。鶏がらスープの濁りのないスープ、そして細めん!!これが東京ラーメンなんです。
行列が出来ていれば、美味しいというものではないんですけどね!!どうもおかしな時代になってきたようです。
昭和とともに、鶏がらスープの素朴な東京ラーメンがとんこつ味に押されてしまい、本物が消えかかっているような!!
「何とかチャンピオン」とか言いたい放題ですが、メディアに流されない気持ちが大切ですよね!!
 
いまや 萬福 麺僧 新雪園
御徒町 ラーメンいまや 東銀座 萬福 下北沢 麺僧 下北沢 新雪園
私の大好きラーメン!
スープも濁りがなく、しっかりダシが効いていて、ランチタイムしかやっていません。

いまや麺~¥700
ご飯付きです(ブタ飯、菜飯など)

御徒町、昭和通り近く!
東京都台東区台東3丁目42-7
東京ラーメン!
東銀座にある「萬福」のラーメンです。
老舗で、これぞ銀座界隈で昔からある薄たまご焼き入りの東京ラーメンが食べられます。

醤油ラーメン~¥650

銀座からも近いです。
東京都中央区銀座東2丁目13-13

あっさりした、とんこつしょうゆラーメンです。
この店のとんこつは、私も飽きずに食べられます。
焼豚も口の中でとろけます!



下北沢駅南口より茶沢通り沿い

下北沢で本格中華が食べられる新雪園です。

スーラータン麺は、名物のひとつで酸味の中にアツアツの麺!
老酒を飲みながら、餃子を食べてからがお薦め!?です。

下北沢、本多劇場横
>>ページトップへ戻る


デザート歩き(和菓子)たい焼きですが!
 
たい焼きは、何と言っても「東京名物」です!近頃は奇抜さだけで行列させている店もあるようですが、本物はここに紹介する老舗の味を食してから、並んでほしいものです!!
頑固と言われても、守ってほしい「こだわり」は持っていたいですね!誰が決めたか「たい焼き御三家」などと言われていますが、そんなものは存在しません。ご紹介するたい焼きは、どれも美味しいですよ!!勝手に決めないでほしいですね!
1909年に生まれたという「たい焼き」「鯛焼き」「たいやき」と文字にするとさまざまですが、「天然物」にするか「養殖物」にするかは、味の違いを比べてから並んでも価値があるかどうかを見きわめてほしい気がします!

「東京名物」のたい焼きに「粋」を感じたいです。
まだまだ食べ歩きが足りませんが、天然物を求めてもっとご紹介していきます。

詳しいたい焼きについては、こちらです ⇒ たい焼きの型について
 
浪花家総本店 わかば 柳屋 江戸川橋浪花家
浪花家総本店 たい焼き わかば 人形町 柳屋 江戸川橋浪花家
たい焼きの元祖、本家「浪花家総本店」です。
すべてはこのお店から始まりました!
外はカリカリで、ほんのりした甘みが特徴です。
基本のたい焼きはぜひ味わいたいですね!!

1尾 ¥150

麻布十番駅から徒歩5分
東京都港区麻布十番3丁目42-7
あんこの塩加減が絶妙で、薄い皮とのマッチングも最高です!
老舗の中でこのお店だけは、店内で1尾だけでも食べることができます。
店内が男性だけという光景もたまにありますよ!


1尾 ¥140

四ツ谷駅赤坂口から徒歩7分
東京都新宿区若葉2丁目13-13
あっさりした、あんこで外側の焦げはそのままなのが、ここの特徴です。
甘酒横丁にあり、明治座公演などがあるとかなり並ぶことになります。
下町日本橋、銀座界隈では数少ない正統派です。


1尾 ¥140

人形町駅明治座口から徒歩2分
水天宮からも徒歩5分
浪花家総本店からの暖簾わけのお店はいくつかありますが、その中でも味に定評があります。
一口食べて、その場で大ファンになってしまうほどの美味しさです。
その場でかぶりつくのが最高ですね!
時間帯によっては、かなり混みますので、電話予約もできます。

1尾 ¥150

有楽町線江戸川橋駅から徒歩5分

本家浪花家 桃六 草月本舗 黒松 土佐屋
本家浪花家 和菓子 京橋桃六 東十条 草月本舗 黒松 芋ようかん 滝野川 土佐屋
初代浪花家で修行した暖簾わけ第1号の浪花家ですが、なぜかあまり知られていません。
お店はJR両国駅からは、少し離れていますが、大江戸線両国駅からは徒歩1分です。清澄通り沿いですで、すぐにわかります。
香ばしい仕上がりで、浪花家総本店に近い甘さです。お店でも食べることができ、下町の香りを楽しめます。

JR総武線 両国駅から徒歩8分
江戸東京博物館 斜向かい
(清澄通り沿い)
京橋にある老舗の和菓子屋さんです。
季節ごとの和菓子がお薦めで、この時は柏餅でした。
新春から春先まである草もちは素朴で絶品です。
また仕出し弁当も有名で、最近ではKinki Kidsのファンも多いようです。



京橋駅より徒歩7分
東京都北区にあるドラ焼きの草月本舗というお店の看板商品が「黒松」です。
もっちりした感触にしっとりあんが見事にマッチング!
隠れた逸品です。
平日でもたくさんの人で賑わっています。


JR京浜東北線 東十条駅南口
徒歩1分
東京都北区にある芋ようかん、あんこ玉が有名な「土佐屋」です。
知っている人しか知らない!?場所にあり、都電に乗らないと行けません。
ここの芋ようかんを食べると、おそらく他のものは食べられなくなるかもしれません!素朴な味わいです。



都電荒川線 西ヶ原4丁目電停前

根津のたいやき 南千住浪花家◆ ◆たかね◆
写真ありません
私のおなかに
おさまりました!?
南千住浪花家
写真ありません
私のおなかに
おさまりました!?
下町根津のシンボル的なお店、外側の焦げが、食欲をそそります。
先代のものは、やや甘みが強く感じましたが、代替わりしてからやや甘さ控えめになったようです。


1尾 ¥140

千代田線根津駅から徒歩2分

やはり浪花家総本店からの暖簾わけのお店です。
本来は南千住駅近くでしたが、駅前開発に伴ない、やや三ノ輪橋方面に移動しています。
さすが浪花家を名乗る分店だけあり、皮のパリパリ感は天然物でしか味わえませんね!

南千住駅、三ノ輪橋より
徒歩約8~10分

東京西部エリアで、しっかりとした天然物はこちらのたかねです。
やや甘めのあんなので、1尾がやっとという感じでしたが、最近は行っていないので現状がわかりません。
美味しかった記憶は、しっかりと覚えています。

JR中央線三鷹駅南口から徒歩5分
>>ページトップへ戻る


デザート歩き(洋菓子)
 
スイーツブームで世の中、高級なお店ばかりがメディアで紹介されていますが、品質と価格の両方を満たすものばかりが、B級たる信念です。
しかし、味は超A級と確信しています。素朴がやはり美味しさの秘訣なんでしょうか!?
これらの美味しいスイーツは、ぜひお試しいただきたい逸品です!!
 
ランギャール マッターホーン カワムラ 守屋
ランギャール 王子ロール
学芸大学 マッターホーン
梅が丘 洋菓子カワムラ
小田原 守屋のパン
東京北区は王子にある洋菓子の「ランギャール」。
この店の人気No.1は「王子ロール」というロールケーキです。
言葉で表現より、まず一口!!
しっかりつくり上げたスポンジに生クリームが甘さ控えめで、パッケージも可愛いですよ。
それでいて、リーズナブルは下町の気骨でしょうか!?

王子ロール(小) ¥550
王子ロール(大)¥1,100

東京都北区 JR王子駅より7分
順天学園近く 権現坂途中
バームクーヘンというと、パサパサしたようなイメージがありますが「マッターホーン」のものは、ドリンクなしでも食べられるくらいのしっとり感があります。
平日でも午後には売り切れてしまうほどです。
小分けしたものもあります。


写真のものは、約2,000円です。
(昨年から行っていないので、明確ではありません)


東急東横線 学芸大学駅より
徒歩2分
大正ロマンを思わせる命名と、ふんわり感がある、甘さ控えめロールケーキです。
この「カワムラ」は、他のケーキもあっさり食べられるものばかりで、喫茶もありますので結構くつろげる場所です。

ある思い出もある場所ではあります。






小田急線梅が丘駅より徒歩1分
こちらは東京ではありませんが、かつて在住した小田原にあるパン屋さんです。
売りはあんぱんになっていますが、「甘食」が絶品です。
その場でマーガリンやジャムなどを塗ってくれて、特にマーガリンはいくつでも食べられます。
その他、ロールパン、もちろんあんぱんも素朴で美味しいですよ!
かまぼこ以外に、ぜひお薦めです。



小田原駅東口より徒歩3分
>>ページトップへ戻る


そば歩き(立ち食いそば)
 
忙しい日中に、とびきりあったかいランチにしてくれるのが、日本名物の「立ち食いそば」です。
それも関東と言いますか、東京はやはり「そば」なんですよね!
ここに紹介します、ほとんどのお店はチェーン店ですが、お店ごとに微妙に味、天ぷらが違うのが楽しいところなんです。
最近では、女性も安心して入れるお店が多いので、一人でも気軽にランチしている方々が目に付きます。
 
◆箱根そば◆ ◆小諸そば◆ ◆富士そば◆ ◆文殊◆
箱根そば      
小田急線沿線に展開している立ち食いそば屋です。
おそらく、2駅~3駅に1店必ずあります。
最近はわかりませんが、向ヶ丘遊園駅ホームの天ぷらが美味しかったですよ!
その他、都内にも渋谷、秋葉原、幡ヶ谷にもあります。
都心のビジネス街を歩くと、必ず目にするのが、「小諸そば」です。
特に新橋、日本橋問屋街などに数多く見かけます。

基本は「かき揚げ天そば」でしょうか?

好きな天ぷらを選べるのがいいですね!
こちらもビジネス街に展開する、そばチェーンです。
残念ながら、天ぷらが今ひとつなんですが、そばはしっかりしています。

そば以外に、ここのカツ丼は安くてしっかり食べがいがあります。

セットメニューが売りとなっています。
本店は両国にありますが、私は以前、銀座線浅草駅から東武伊勢崎線に向かう通路途中にあるお店に行っていました。

何よりもそばが美味しいのと、その場で天ぷらを揚げていますので、その辺のそば屋より、本物のそばを食べることができます。


下町探検歩き
下町ならではの味わい!ここにご紹介するお店はいろいろなジャンルですが、行きつけのお店ばかりで手前味噌ではありますが、味に絶対の自信ありのお店ばかりです。
コロッケというとどこにでもありそうですが、お肉屋さんのコロッケが見られなくなった時代に、嬉しいお店があります。
「もんじゃ」というと、メディアの影響で月島が取り上げられることが多いのですが、下町の味は他にあります。ここにご紹介のお店は誰を連れて行っても必ず「もんじゃ」ファンになります!!自分たちで味付けするのが下町スタイルですから、焼き方をいちいち指図するところとは大違い!ぜひ本物を味わってください!!
横山精肉店 ◆川口屋◆ 丸吉 ◆探索中◆
北区 横山精肉店 町屋 もんじゃ丸吉
昭和時代には、どこの街でも味わえた素朴なコロッケが、今ではスーパーマーケットに押され、懐かしい味がなくなっている今、このお店の「コロッケ」は昭和の味そのものです。
初めて食べた時、思わず懐かしい時代が蘇りました。

語るよりコチラからお店にアクセス!

●横山精肉店ホームページ●
東京のおでんに欠かせない具として庶民に愛されているのが「ちくわぶ」です。
こんにゃく、かんてんもと言うよりちくわぶが後から生まれたものなんです。
このお店では、かんてんを使った「あんみつセット」「みつ豆セット」もかなり安価で売られています。デザートに最適ですよ!

お店のホームページ
●川口屋ホームページ●
「もんじゃ」と言ったら、東京下町ですね!ほとんどの方々は、月島と思われるでしょうが、昔からの庶民の「もんじゃ」を食べたければ、浅草や荒川区町屋をお薦めします。
月島とは、まったく違うものを食べられるはずです。
それが本物の「もんじゃ」です!!
このお店は、町屋エリアで1,2の評判のお店で、25年来のお付き合いです。

千代田線町屋駅、都電町屋より
徒歩2分
京成町屋より徒歩3分
>>ページトップへ戻る
ご意見・ご要望・リンク等お問合わせは、コチラからどうぞ! フォーム・メールへ
to Pagetop
TOP | 空景色 | 横丁ネコ | 食べ歩き | 東京景色 | 隅田川の橋 | イラスト |
無料 アクセス解析